プロミスの仮審査は通った場合にまず落ちることはないってホント?

プロミスで仮審査に通った場合には本審査もまず落ちることがないかということですが、一定の条件を満たしていれば問題ないといえます。
それでは逆に仮審査に通ったのに、本審査で落ちてしまうのはどのようなパターンがあるのかということですが、ひとつは虚偽の申請をしたというものです。
プロミスのような消費者金融は信用によってお金を貸しているわけですから、虚偽の申請をしてくる相手には融資をするには不適格と判断をしてせっかく仮審査に通過することが出来たのに、その後落ちてしまうということは十分に有り得る話です。
虚偽の申請でなくても、申告した内容にミスがあった場合も同様に落とされる可能性があるので注意しましょう。

次に在籍確認を取れなかった場合にも利用できないということがあり、在籍確認というのはプロミスだけでなく、どこの消費者金融であっても重要な審査のひとつであるため勤め先に対して在籍確認を取ることが出来ないとなれば、申告してきた内容が本当なのか嘘なのかを判断することが出来ないため、否決になってしまうということがありえます。

そして最後に極端に大きな金額を希望している場合にも、落ちてしまう可能性があります。
いきなり大金を必要とするというのは何か大きな問題を抱えている可能性が高いと判断されてしまいますから、仮審査には通っても本審査に通ることができずに、プロミスから融資を受けられなくなってしまうというのはないわけではありません。

プロミス口コミの評価も高いので、逆にこのあたりが問題なければ、ほぼ融資は受けられると考えても良いでしょう。

Back to Top